事例紹介

その他での活用

株式会社大塚商会様

創業以来「お客様第一主義」を掲げ、オフィスの情報化、業務効率化を支援されてきた大塚商会様。
従来から、全国各地で行われるフェアや展示会での顧客管理に、RFタグを活用されておられましたが、今回端末をリプレース。
iOSの使い勝手と強固なセキュリティを高く評価され、当社のバーコード/RFID一体型リーダーのAsReaderをご採用くださいました。

活用のポイント顧客管理(アプリ開発含む)、RFID/Barcode併用
導入機種AsReader ASR-0230D
導入時期2017年11月

会社概要

所在地〒102-8573東京都千代田区飯田橋2-18-4
電話03-3264-7111(代表)
設立1961年7月17日
従業員数8658名(連結2017年12月末日)

導入事例

RFID AsReaderで顧客管理!併せてアプリも新開発!

課題
  • ・展示会での顧客管理方法として、従来はタブレットにRFIDリーダーをBluetooth接続してタグを読んでいたが、この方法では両手がふさがり、非常に使い勝手が悪いので、現場からの改善要請が出ていた。
ソリューション
  • ・AsReader Dock Type ComboにiPod touchを装着して使用し、接客情報もその場で入力。基本はRFタグを読み取るが、万が一、タグが読めない場合はBarcodeに切り替えて対応。
  • ・ハードの納入に併せてソフトウェアも当社が受託開発。デザインや使い勝手など細かな要望もワンストップで随時対応。
効果
  • ・接客終了後に顧客情報を即入力することで、入力忘れなどが減少。
  • ・女性でも、片手持ちで一日持っていても苦にならない重さ。
  • ・直感的に使えるアプリなので、操作説明検収も不要。

働くスタッフの声


  • Q.AsReader導入の経緯を教えてください。
  • A.それまでも、同じようにデータを取るということは行ってきたんですけど、今までのものが本体とリーダー全く別ということで、非常に使い難いと説明員からの声もありまして、一体化されているものを探していました。御社のものは、iPod touchにジャケットで一体化されていますので、非常に使い勝手が良いのと、ハンドリングがしやすい。説明員の方もひとつそれをもっていれば、そこでリードをしてデータをとり、そこで改めてコメントなどの入力もすぐ済ませられますので、非常に沢山のデータが取得できるのではないかということで検討しました。
  • Q.当社AsReaderの導入はスムーズにいきましたか?
  • A.実際に本体の方がiPod touchを使っているんですけど、私個人的にもプライベートのスマートフォンはiPhoneを使っていましたので、非常に操作についてはし易いという風に感じました。説明員の方も皆さんiPhone使ってらっしゃる方が多いので、操作については特に問題なく使えると思います。若干重さを感じる部分もあるんですけど、長時間持っていても展示会の中では特に問題ないという重量だと思っています。
  • Q.RFIDとBarcodeのコンボタイプをご採用頂きました。コンボタイプのメリットはどこにありますか?
  • A.その一体化のところと、あとはRFIDとこのカードの中にBarcodeも印字されていますので、両方を切り替えて使えるというところが、大きなメリットです。基本的にはRFIDのタグを読み取るということをしているんですけど、タグの不具合ですとか、が起きた場合にBarcodeの方に切り替えて、滞りなく対応できるというところが大きなメリットです。
  • Q.端末のOSがiOSに変わってどのような変化がありましたか?
  • A.本体の方をiPod touchを選定したということで、自社のモバイル端末の管理システム「たのめーるMDM」というものがあるんですけども、そちらの方で一括管理をすることが出来るようになりましたので、そこは非常に新しいものに変えて大きく変わった部分ではあります。iOSと以前使っていたAndroidを比べますと、Androidの場合はサイクルが短いというところも、ひとつのデメリットではあったと思います。次の機種を買い替えたいという時には既に無いという状態、追加で買いたい場合も用意ができないということも懸念事項ではありましたので、今回iOSを使用することで、長く使えるのではないかと…いうところです。あともう一点、iOSのセキュリティの面なんですけど、Androidに比べると、やはりかなり強固であるという風に検討しておりました。
  • Q.AsReaderに加えて、ソフトも当社で受託開発させていただきました。メリットはありましたか?
  • A.今回、ジャケット…ハードの方とアプリケーションの方も合わせて、御社にご依頼できたというところで、万が一不具合が起きた時にどちらが…という切り分けなんかもわりと難しい部分ではありまして、まとめて見ていただけるということで、ご依頼するという決断に至りました。私達も今まで使っていた古いもの…メニューなどをベースに一緒に検討して頂きまして、これまで使い勝手が悪かった所も一緒にご相談させて頂きまして、御社の方でもこれまで経験上いろんな物を作られているということで、いろんなアドバイスを頂きまして、これまで以上の良いものができたなと思っております。

これまで、お客様の情報はリーダーで読んでから、いちいちタブレットの方へ戻って入力という風にやっていたのですが、今回、一体型になったのでお客様の情報をとったらすぐにその場で入力ができ非常に便利になりました。
普段から使っているiOSなので、直観的に操作でき、全く違和感なく使えています。

  • 実際に使ってみて(現場説明員様の声)
  • これまで使っていた端末が、RFIDのリーダーとタブレットがセパレートのものになっていたので、これまでは、お客様の情報はリーダーで読んでから、いちいちタブレットの方へ戻って入力という風にやってきたのですが、今回、一体型ということで、お客様の情報をとったらすぐにこちらで入力ができるということで、非常に便利になりました。

株式会社ユカ様

首都圏・関西圏を中心に自動販売機・食品自販機の設置事業を展開していらっしゃる株式会社ユカ様。
各自販機から売上や販売数、投入日時などのデータを光通信で取り込む端末として、AsReaderをお選びいただきました。
以前のハンディターミナルでは不可能だったリアルタイムでのデータ収集が可能となり、分析結果は品質管理のみならず、今後の事業に活用されるそうです。

活用のポイント光通信によるデータ取得、AsReaderカスタマイズ
導入機種AsReader ASR-060D
導入時期2018年4月

会社概要

所在地〒152-0013東京都目黒区南2丁目1番30号
電話03-5701-3351(代表)
設立1973年2月17日
従業員数788名(2017年12月末現在)

導入事例

自販機から膨大なデータをリアルタイムで収集・分析!

課題
  • ・従来使っていたハンディターミナルは、大きくて取り回しが悪かった。
  • ・自販機から取り込んだデータをバッチ処理後に一括送信というこれまでのやり方だと、ハンディが壊れた場合、全てのデータが失われる。
ソリューション
  • ・AsReader Dockタイプを自販機専用の光(赤外線)通信用にカスタマイズ。iPhone + AsReaderでリアルタイムにデータ送信が可能になり、詳細なデータ分析が可能になった。
  • ・Magconnによってスマートに充電。以前から導入していたiPad使用時に問題となったライトニング端子折れの問題も無くなった。
効果
  • ・お客様からの問い合わせが入った時、これまでは一旦本社で受けて支店に連絡、さらに視点からルートセールスに電話という流れだったが、今後は問い合わせ内容を本社でサーバに入力すれば、ルートセールスが直ぐに閲覧し即応できるので、顧客満足度の向上につながる。
  • ・リアルタイムでデータをサーバに収集するので、万が一の端末故障時もデータは安心。

導入担当者の声


  • Q.AsReader導入の経緯を教えてください。
  • A.以前は、自販機オペレーター業界では一般的なハンディターミナルを使用して業務をしていたんですけども、ハンディーターミナルというのが、なかなか一般的な機会ではなくて、色々なランニングの部分で、修理費用であったり、あるいは、これからこの機種をずっと製造し続けていくのか?っていうような、未来に向けてどうなっていくんだろうという不安がありまして、近年スマートフォンであったり、そういったものがどんどん進歩しているので、これをいつか業務に使ってみたいなというような、そういう考えを持っておりました。ただ、スマートフォンで自動販売機の通信をするというのが、なかなかできないという事も分かっていたので、どんな物がないかなぁ…というような話をしていたんですけど、そんな時に、NTTドコモさんからアスタリスクさんを紹介して頂いて、一緒に自販機と通信できるようなドングルができないか…というようなそういう話になったところから始まったものです。
  • Q.自販機からどの様なデータを収集しますか?
  • A.自動販売機からは、販売数のデータ…これはもちろん取れないといけないですが、商品コード…どのような商品が入っているのかというデータであったり、あとは自販機自体の故障が起きているかどうかのデータであったり、概ね、自販機通信で取れるデータは全て取ってます。
  • Q.旧ハンディとAsReaderとの違いは?
  • A.端末が完全にオンラインというのは、かなり大きいと思いますね。例えば、お客様から問い合わせが入った時に、今までは一回本社で受けて、それが支店に伝わって、支店から今度は作業者に携帯で電話するというような、そういうこうリレー形式のような…なので、対応がかなり遅れていたというのがあったんですけど、今度からオンラインになっているので、直接本社のサーバを見に行けるようになっているのです。それで、問い合わせを受けたときの時間…対応するまでの時間を短くできる。あと、レアなんですけども、今までのハンディターミナルですと、壊した時にデータが飛んでしまう…というのがあって、結構な頻度で起きるんですけど、ただ、サーバーに置いておけば、データがなくなることは無いという事、これが一番大きいですね。

ルートセールスの声


今まではケータイとハンディの2代持ちだったので、かなり身軽になりました。クレーム対応や上司や支店とのやり取りのためケータイは手放せないので、1台で全ての業務がまかなえるのは助かりますね。
加えて、アプリも自社開発なので、現場の要求をどんどん出して改善していけるというのも大きいですね。

  • 実際に使ってみて(ルートセールス様の声)
  • やはりスマホになったので、電話と一体になったというのも利点なんですけども、旧ハンディがちょっと大きかったのもあるので、やっぱり身軽になったという感じはしますね。
  • Q.AsReaderの使い勝手はいかがですか?
  • A.通信も早かったですし、処理も早くて、プリンターも出てくるのが早いです。
  • Q.改善点があれば教えてください。
  • A.うーん、いや本当に…無いですね。困ったなというのは、そうですね、無いです。言いきっちゃって良いんですかね?(笑)
お支払いについて
  • クレジットカード(PayPal)
  • 銀行振込
    注文から7日以内にお願いいたします。
    7日間入金がない場合は、キャンセルとさせていただきます。
    振込手数料は御社負担でお願いします。
お届けについて
  • 送料
    5,000円以上の購入で
    送料無料

    一部地域は除く
    全国一律600円(税別)。
  • 配送
    在庫品については入金確認後、3営業日以内に商品を発送いたします。
    販売対象地域は日本国内のみとなります。
返品・交換について
  • 商品発送後の返品・返却等はお受けいたしかねます。
  • 商品が不良の場合のみ交換いたします。
    その際は、商品到着後7日以内にご連絡下さい。